節分

『鬼は外、福は内』
…節分と豆撒き

『鬼は外、福は内』…節分と豆撒き
柊鰯に鬼の面を付けた玄関飾り。 厄を祓い、お客様に多くの福が訪れることを願い・・・

皆様ご存知のように「節分」とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日をいい、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日を指すものです。その中でも「立春」は一年の始まりとして考えられ特に尊ばれたために、いつしか「節分」と言えば「春の節分」のみを指すようになっていったそうです。

昔は「立春」を一年の始まりと考えられていたために、その前日の「節分」は今の「大晦日」にあたります。平安時代の宮中では陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」という行事が行なわれ、これが室町時代以降は「豆」を撒いて悪鬼を追い出す行事に発展して民間にも定着していったそうです。

また、「豆」を撒く(鬼に投げつける)行いそのものいついてですが、「豆」には「魔滅」(マメ)という意味あいが込められており、無病息災を祈る意味があります。
昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目)マメ」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅)マメ」に通じるのだそうです。

…『前菜八寸』「福枡」

色とりどり、一口大の御料理を「福豆」に見立てて枡に盛り込みました。
柊の葉と、手作りの色紙を添えて…
御多福の面は、よく見ると一つ一つお顔が違います。
皆様の下には、どんな福が訪れますやら…

…『前菜八寸』「福枡」
前菜八寸「福枡」(ふくます)です。
どうか「福が増しますように」と願いを込めた演出です。

…『御吸物』 百合根饅頭 丸仕立て

百合根と白玉粉を合わせた饅頭の中にスッポンを包み込んだ「丸仕立て」の御吸物です。
葱と生姜の香りと共にお楽しみ下さい・・・。

『御吸物』 百合根饅頭 丸仕立て

…『焚合せ』 鰤大根 豆撒きに見立てて

ホクホクの淀大根と鰤、『鰤大根の粕仕立て』です。
鬼面人参と煮豆をあしらい、節分らしく仕上げました。

『焚合せ』 鰤大根 豆撒きに見立てて